その他

在宅看護学Ⅰ シンポジウム『療養者と家族を支える訪問看護の現状と課題』の開催

7月27日(月)13:15~14:50、3年生の必修科目「在宅看護学Ⅰ」において、シンポジウム「療養者と家族を支える訪問看護の現状と課題」を開催しました。
在宅看護学実習施設である亀田訪問看護センター、亀田訪問看護ステーション館山、東条訪問看護ステーション、鴨川市国保訪問看護ステーション、エビハラ訪問看護ステーションの所長・管理者がパネリストとなり、利用者の事例を通して訪問看護の実態と今後の課題を発表し、学生からの質問に答えていただきました。開催後の学生のレポートには、訪問看護師のコミュニケーション能力や多岐にわたるアセスメント,医療管理能力が求めらている実態を,学ぶ機会になったことなどが記載されていました。

DSC_0920 DSC_0939
DSC_0941