大学情報

平成29年度実習指導者講習会の修了

 平成30年3月17日(土)亀田医療大学本館3階第1講義室にて平成29年度看護師研修事業「実習指導者講習会(40日間コース)」の最終講義と閉講式が実施されました。
 本年度最後となった今回の講義では、受講生所属病院や指導実習受入れ先病院の関係者を招いての発表報告会を開催し、本講習会の成果を「実習指導の現状と臨床指導者の今後の役割と課題について」というテーマに基づき発表しました。受講生は、4グループに分かれ、本講習会の講義、病棟での指導実習から得た学びを基に、それぞれの思う実習指導の現状、その中で果たすべき役割、課題について発表を行い実習指導者について理解を深めました。各グループ発表後には、質疑応答がおこなわれ、他の受講生や参加者の方から多くの質問がでるなど活発な意見交換の場となりました。

IMG_3969IMG_3981IMG_3982IMG_3997
 発表報告会終了後には、閉講式が開催されました。閉講式では、本学生涯学習センター長 新田静江による挨拶が行われた後、本講習会修了が認めらた受講生23名(当日参加22名)へ修了証の授与が行われました。その後、本学学長 橋本裕二、千葉県医療整備課看護師確保推進室室長 田中一成様より式辞を賜り式は終了しました。
 これをもって、平成29年度の千葉県看護職員研修事業「実習指導者講習会亀田医療大学k40日間コース』は終了し、受講生23名全員が修了することができました。今回の講習で得た知識、経験が今後の実習指導や、受講者の皆さんのキャリア形成の中で活かされることを願っています。

IMG_4000IMG_4008IMG_4016