ページの先頭です

学校法人理事長挨拶

 亀田医療大学は2019年4月に大学院を開設し、大学の英語表記もCollegeからUniversityに変わりました。大学院は当初看護管理学、実践看護学、ウィメンズヘルス・助産学の3分野からスタートしますが、将来は様々な専門看護師コースや、亀田メディカルセンターでスタートする看護師特定行為研修とも連携を図り、ナースプラクティショナーの育成なども行ってまいりたいと考えています。

 また、亀田医療技術専門学校では、2020年度に外国人を主体とした介護福祉学科の開設を目指し、準備を進めております。現在日本は介護士が37万人以上不足している一方、多くの介護福祉士養成所は学生の確保が困難な状況であり、更なる介護士不足が予想されています。若年人口の急激な減少が進む中、医療・介護分野のみならず、日本の社会を維持していくためには、海外から優秀な人材を招聘することは避けられません。政府も危機感を持ち、外国人技能実習制度や外国人の長期在留規定の見直し等がはじまりました。

 日本は人口減少社会に突入していますが、高齢者人口は今後しばらく実増します。長寿社会が進展し、医療・介護ニーズが更に高まる一方で、労働人口は減少していきます。さらに、医師をはじめとした医療者の働き方改革が求められている中、効率的な医療システムに向け、各医療専門職者のタスクシフトを含めた医療の抜本的構造改革が必要です。また、急激に進歩しているAIや遠隔医療、ロボット手術など、新しい技術を積極的に活用する事も重要です。

 学校法人鉄蕉館は、亀田メディカルセンターと一体となり、グローバル化が進む新たな時代に向けた医療者育成と、医療改革の研究を進めて参る所存です。

学校法人 鉄蕉館
理事長 亀田 省吾

  1. HOME
  2. 学校法人 鉄蕉館 法人情報
  3. 学校法人理事長挨拶