ページの先頭です

長期履修制度について

看護学研究科(大学院)

長期履修制度について

入学時に育児や家族の介護、もしくは働きながら学ぶ長期履修制度を利用する学生は、(以下、「社会人学生」)修業年限を3年あるいは4年とすることができる。社会人学生は、自らの修学状況等を勘案し、入学までに2年あるいは3年以上4年以内の修業年限を選択し履修計画を立てること。入学前に修業期間を3年とし、長期履修制度を活用した学生の授業料等の金額は、2年間の費用を3年間で納付するものとし、4年の場合も同様に4年間で所定の2年間の費用を納付するものとする。

  1. HOME
  2. 入学案内
  3. 大学院 入学案内
  4. 長期履修制度について