ページの先頭です

宮本 眞巳(ミヤモト マサミ)

職位 教授
学位・資格等 保健学博士、看護師、家族と子どもセラピスト
専門分野(領域) マクロ看護学、精神看護学、看護教育学、精神保健学、臨床社会学
担当授業科目とその概要 (1) 看護の統合と実践Ⅰ(序論)【1年前期】
(2) 看護の統合と実践Ⅱ(チーム医療と看護システム)【4年前期】
(3) ナラティブ表現法【1年後期】
(4) 基礎ゼミナールⅢ【2年前期】
(5) 研究ゼミナールⅠ【4年前期】
(6) 研究ゼミナールⅡ【4年後期】
(7) 精神保健看護学概論【2年後期】
(8) 精神保健看護援助論【3年前期】
(9) 精神保健看護学臨地実習
(10) 看護の統合と実践臨地実習【4年後期】
主な研究とその概要 (1) 「異和感の対自化を活用した援助関係の形成
「しっくりしない感じ」を意味する“異和感”を糸口にして内省を深める技法である「異和感の対自化」を用いて、精神的な問題を抱えている人との援助関係を確立する方法の開発に努めている。
(2) 相談面接技法とその教育方法の開発
カウンセリングの中心技法である自己一致が、日本のカウンセラーや看護職の間になぜ浸透しないかを探りながら、相談面接の機能を高める方法並びに、相談面接の担い手の育成方法について検討している。
(3) 事例検討を軸とした継続学習方法論の開発
事例検討会の場に生じる集団力動の分析を踏まえ、事例の包括的把握に基づく援助課題の明確化と併せて、事例提供者をエンパワメントし、ケアの展開を推進する方法の開発と普及に当たっている。
(4) アディクション看護の方法論
薬物・アルコール依存症患者の意思機能障害に注目して、患者に障害の自覚・受容と平行して、意思機能の回復を促す方法を探究している。
(5) 司法精神看護の確立
医療観察法の施行により開設された司法精神科病棟における多職種連携とその中での看護師の役割について、現状と課題の明確化を図っている。
主な所属学会 (1)日本精神保健看護学会
(2)日本精神科看護学会
(3)日本看護科学学会
(4)日本保健医療社会学会
(5)日本保健医療行動学会
(6)日本家族と子どもセラピスト学会
(7)日本アディクション看護学会
(8)日本集団精神療法学会
(9)日本嗜癖行動学会
主な著書・論文 著書
(1)ナイチンゲール、文研出版、1977
(2)感性を磨く技法1、日本看護協会出版会、1995
(3)感性を磨く技法2、日本看護協会出版会、1996
(4)感性を磨く技法3、日本看護協会出版会、1997
(5)感性を磨く技法4、日本看護協会出版会、1998
(6)援助技法としてのプロセスレコード、精神看護出版、2003
(7)改定精神看護学、中央法規出版、2006
(8)アディクション看護、医学書院、2008
(9)実践精神科看護テキスト17司法精神看護、精神看護出版、2008
(10)実践精神科看護テキスト14薬物・アルコール依存症看護、精神看護出版、2008

論文
(1)精神医療と社会学の間で、精神医療4巻1号、1974
(2)ある公立精神病院における参与観察(修士論文)、1975
(3)患者の人権と看護婦のケア責任、看護36巻10号、1984
(4)精神科領域における看護プロセスの成立要件に関する研究、看護37巻4号、1985
(5)看護状況における看護者の行為化に関する研究(博士論文)、1986
(6)自立への援助と看護者の自立、こころの科学30号、1990
(7)障害者の自立と看護者のジレンマ、解放社会学研究第6号、1991
(8)精神科看護者のアイデンティティ危機と事例検討、保健の科学33巻2号、1991
(9)ヒーリングシステムとしてのセルフヘルプグループ、解放社会学研究第7号、1993
(10)精神看護における継続教育の方法論に関する研究、日本精神保健看護学会誌4巻1号、1995
(11)スーパービジョンとコンサルテーション—看護の立場から—、精神医学39巻8号、1997
(12)セルフケアの援助、教育と科学48巻2号、2000
(13)司法専門病棟から発信する精神医療改革、精神看護7巻1号、2003
(14)感情を読み書きする力—エモーショナル・リテラシー,自己一致、異和感の対自化、精神科看護32巻9号、2005
(15)医療観察法と多職種連携、臨床精神医学35巻3号、2006
(16)司法精神医療をめぐる諸問題—看護の立場から、司法精神医学2巻1号、2007
(17)看護師の感情労働と異和感の対自化—脱慣習化から価値観の再構築へ、アディクションと家族25巻3号、2008
(18)精神科病院のこれからを考える—社会的入院はなぜなくならないか、心と社会39巻2号、2008
(19)看護師は実践体験からどのように学ぶか、精神科臨床サービス9巻1号、2009
(20)医療観察法と多職種チームの可能性、臨床精神医学38巻5号、2009
(21)ケアリングを支える感性はどうしたら磨けるか?、日本看護科学学会誌、29巻2号、2009
(22)内省技法としての異和感の対自化、精神科看護37巻5号、2010
(23)看護場面の再構成による臨床指導—情動に埋め込まれた情報の解読に向けて、精神科看護37巻6号、2010
(24)援助職の感情活用—感情労働の再構築に向けて、日本精神衛生学会誌25巻2号、2010
(25)否定的感情の解読から自己一致へ—プロセスレコードの活用に向けて、精神科看護37巻7号、2010
(26)自己一致をめぐる困難さをどう乗り越えるか、精神科看護37巻8号、2010
(27)援助関係の形成能力をどう育てるか、精神科看護37巻9号、2010
(28)事例検討の方法論をめぐって—グループ・スーパービジョンとしての事例検討会、精神科看護37巻11号、2010
(29)精神分析療法と治療共同体を看護にどう取り込むか、精神科看護38巻4号、2011
(30)精神看護における連携と包括的なアセスメントに向けて、精神科看護38巻8号、2011
(31)否定的感情の意味を吟味することが援助関係にもたらすもの、精神科看護39巻9号、2012
(32)精神科看護における実践力育成と感情活用、精神科看護39巻12号、2012
(33)感情労働の視点からみた処遇者のストレス対処—感情活用と異和感の対自化、更生保護64巻4号、2013
ひと言 看護とは何か、看護教育とは何か、看護師や看護教員の役割は何かについて、40年近く考えてきました。答が出たわけではありませんが、私なりに見えてきたことを手がかりにして、学生・教員・医療スタッフのみなさん、地域住民のみなさんと一緒に考えて行きたいと思います。