ページの先頭です

平山 香代子(ヒラヤマ カヨコ)

職位 准教授
学位・資格等 看護学修士、看護師、保健師、養護教諭二種、第一種衛生管理者、介護支援専門員
専門分野(領域) 地域看護学・在宅看護学(マクロ看護学)
担当授業科目とその概要 (1)地域看護学
(2)地域看護学臨地実習
(3)災害看護学
(4)国際理解と国際貢献
(5)基礎ゼミナールⅠ,Ⅱ
(6)研究ゼミナールⅠ,Ⅱ
主な研究とその概要 (1)訪問看護師の現任教育
(2)在宅看護技術
(3)地域連携
主な所属学会 (1)日本看護科学学会
(2)日本保健医療行動科学会
(3)日本在宅ケア学会
(4)日本看護学教育学会
(5)日本看護研究学会
主な著書・論文 著書
(1) 根拠がわかる在宅看護技術 第1〜3版,メヂカルフレンド社.
(2) 関連図で理解する在宅看護過程 第1〜2版,メヂカルフレンド社.
(3) 訪問看護師OJTガイドブック 第1〜3版,日本訪問看護振興財団.
(4)ICT時代における慢性心不全療養者へのセルフケア支援方法の模索,実践社会学研究会編:実践社会学を創る.第3章,福祉と社会,第6節,pp.124‐129,日本教育財団出版会,2016.

論文
(1) 嚥下障害により精神状態の変調を来した患者の看護,ブレインナーシング春期増刊,pp.120-129,メディカ出版,1994.
(2) 療養者への援助を困難にさせる家族員に直面している訪問看護師の体験―異空間から一体空間を模索する過程―(修士論文),日本赤十字看護大学大学院,2003.
(3) 介護支援専門員研修における4側面のアセスメントシートと関連図活用による気づきの分析(査読付),日本看護福祉学会誌,22巻2号,pp203-217,2017.
(4)充実した在宅看護学実習の実現をめざして(前編),在宅看護学実習に対する教員の“戸惑い”教育コラボレーションの可能性を考えるワークショップから,看護教育59(7),pp.564-569, 2018.
ひと言 世界の健康課題から、目の前で苦しんでいる患者様の個別の健康問題まで、看護の対象は広がり続けています。自分が何をすべきなのか・・・一緒に考えませんか。