ページの先頭です

シラバス

中国語Ⅱ(日常会話-中級)

授業科目名 開講年次 開講期間 単位数 選択必修
中国語Ⅱ(日常会話-中級) 1 後期 1 選択
担当教員名 呉 宝珠
担当教員名その他
授業方法 演習30時間
受講資格 「中国語Ⅰ(日常会話―初級)」を 修得していること。
授業概要 中国語Ⅰに続いて、中国の経済、ヘルスケア、社会問題に関する知識を高めることによって中国に関する理解を深め、日常の言語の読み、書き、会話の能力を身につける。
授業目的・目標 1.中国の経済、ヘルスケア、社会問題について話し合う。
2.中国人との中国語会話をする。
3.中国語の読みかたと発音が正しくできる。
教科書 山田真一 著(2009年).医療系学生のための中国語,白帝社 
参考書 特になし
評価方法・基準 筆記テスト (70%)、授業中発表×3-4回(20%)、グループ発表(10%)
講義のために必要な事前・事後学習 事前学習:授業時に提示された事前予習の記述を行うこと。
事後学習:講義資料を基に学習内容の復習、課題の記述を行うこと。
教育目標(必須要素)との関連 この科目は、教育目標の必須要素Ⅰ.教養教育で培う普遍的基礎能力、Ⅲ.チーム医療におけるコミュニケーションとコラボレーション能力、Ⅴ.国際的視野と地域貢献能力と関連する。
試験や課題レポート等に関するフィードバック 筆記試験、授業中小テストについては次の授業時に纏め説明した上で返す。
備考 授業内容と合わせて常に中国の病院の事情、診査システムなどを紹介する。
  1. 中国語Ⅱ(日常会話-中級)