ページの先頭です

シラバス

公衆衛生看護とヘルスプロモーション

授業科目名 開講年次 開講期間 単位数 選択必修
公衆衛生看護とヘルスプロモーション 2 後期 1 必修
担当教員名 工藤 節美
担当教員名その他
授業方法 講義15時間
受講資格 特になし
授業概要 公衆衛生看護の概念と公衆衛生看護活動を担う保健師の役割・機能と活動の場につい理解する。特に、保健所保健師や市町村保健師の役割と活動の特徴について理解を深める。また、地域に顕在および潜在している健康課題を把握・分析し、ヘルスプロモーションの理念に基づいた個別および集団支援、地域づくりの方法について学修する。
授業目的・目標 1.公衆衛生看護の概念、活動の場の特性、保健師の役割と機能を理解する。
2.保健所保健師および市町村保健師の役割を理解する。
3.地域に顕在および潜在している健康課題を把握・分析し、ヘルスプロモーションに基づいた個人・家族、集団・組織支援および地域づくりの方法を理解する。
教科書 荒賀直子・後閑容子・他編(2020)公衆衛生看護学.jp 第5版,インターメディカル
参考書 国民衛生の動向2021/2022,一般社団法人厚生労働統計協会
評価方法・基準 定期試験:70%、課題レポート:20%、授業時間内小テスト:10%
講義のために必要な事前・事後学習 事前学習:新聞、メディアの情報等に関心を道、現代社会における健康課題と公衆衛生看護活動の関連について理解しておく。
事後学習:各回の授業内容を授業時に配布した資料や教科書等で復習しておく。
教育目標(必須要素)との関連 この科目は、教育目標の必須要素Ⅳ.ヘルスプロモ―ションと予防の実践能力と関連する。
試験や課題レポート等に関するフィードバック 課題レポートについては、授業中に傾向について示し、フィードバックする。
授業時間内小テストについては授業の中で模範解答を示し、返却する。
備考 本科目は、1年次の「地域の健康と看護」を基盤とし、かつ後に続く公衆衛生看護学関連科目の基礎となる科目である。
(保選)保健師国家試験受験資格取得のための選択必修科目
  1. 公衆衛生看護とヘルスプロモーション