ページの先頭です

シラバス

成人看護学臨地実習Ⅱ(急性期)

授業科目名 開講年次 開講期間 単位数 選択必修
成人看護学臨地実習Ⅱ(急性期) 3 後期 3 必修
担当教員名 ◎松本 幸枝
担当教員名その他 路 璐松谷 典洋
授業方法 臨地実習135時間
受講資格 「基礎実習Ⅰ・Ⅱ」、「成人概論」、「慢性期成人援助論」、「急性期成人援助論」を修得していること。
授業概要 これまでの学びや、「成人看護学」で学んだ講義、演習を臨地実習の中で実践として活用し、侵襲的治療を受けたり、周手術期にある人を援助する能力を養うとともに、実習を通して自己の看護観・倫理観を高める。
授業目的・目標 1.成人期にある対象者が手術を受けるために必要な検査、治療、処置の内容を理解し、対象者が安全に手術を受けることができるように必要な方法、技術を習得する。
2.治療・手術による形態的変化や障害を理解し、対象者の生体侵襲(手術、麻酔による影響など)および身体的状況と結びつけて捉え、個別的な看護を実践できる。
3.対象者の回復過程を理解し、社会復帰に向け心理、社会、身体的側面からの援助を他職種およびチームの一員として連携し、健康教育、退院指導を行うことができる。
4.急性期の看護過程を対象者を通して展開できる。
教科書 ・佐藤まゆみ、林直子(2019):成人看護学 急性期看護Ⅰ 概論・周手術期看護、南江堂
・佐藤まゆみ、林直子(2019):成人看護学 急性期看護Ⅱ 救急看護、南江堂
・野崎まなみ、林直子、佐藤まゆみ他(2019):成人看護学 成人看護技術、南江堂
・大滝周、大木友美(2019):周術期看護 学習ワークブック メディカルフレンド社
参考書 ・病気が見えるシリーズ
評価方法・基準 実習目標への到達度による評価80%、課題レポート10%、カンファレンス・プレゼンテーション10%
講義のために必要な事前・事後学習 事前学習
・急性期成人看護援助論の授業内容:講義や演習で行った事例の復習をしておく。
・バイタルサインの測定や、フィジカルアセスメント、日常生活援助が実践できるように各自復習、練習をしておく。
・大滝周、大木友美(2019):周術期看護 学習ワークブック メディカルフレンド社を復習しておく。
事後学習
・その日に学んだ内容を振り返り、翌日の実習に生かせるようにする。
・実習が終了した学内実習日に、実習について自己の学びを振り返り、課題レポートとして記述する。
教育目標(必須要素)との関連 この科目は、教育目標の必須要素Ⅱ.質の高いケアを実践するためのリーダーシップ能力、Ⅲ.根拠に基づいた看護実践能力、Ⅳ.テクノロジーを効果的に活用する能力、Ⅴ.多職種から成り立つ医療チームにおけるコミュニケーションとコラボレーション能力、Ⅵ.ヘルスプロモーションと予防に関する知識と実践能力、Ⅷ.生涯にわたり継続して専門性を向上させる能力、Ⅸ.あらゆる対象に向けた包括的な看護実践能力と関連する。
試験や課題レポート等に関するフィードバック 実習に係る記録については成人看護学臨地実習Ⅱが終了後に学生個人に返却する。
備考 看護師としての臨床経験を持つ教員が臨地実習を指導する
  1. 成人看護学臨地実習Ⅱ(急性期)