ページの先頭です

シラバス

在宅看護学臨地実習

授業科目名 開講年次 開講期間 単位数 選択必修
在宅看護学臨地実習 3 後期 2 必修
担当教員名 ◎栗栖 千幸
担当教員名その他
授業方法 臨地実習90時間
受講資格 「基礎看護学臨地実習Ⅰ・Ⅱ」、「在宅看護学Ⅰ」、「エンドオブライフ看護学」を修得していること。
授業概要 在宅看護が担っている高齢者や障害者の在宅ケアニーズに対応した訪問看護サービスや、セルフケア能力を高める教育的な働きかけの必要性に答えた看護実践を修得する。このコースは、プライマリーヘルスケア看護の臨地実習と関連して、在宅看護独自の機能を把握しながら、幅広い、かつ綿密な観察力、判断力、人間関係能力とその実践に必要な方法論、技術を学ぶ。
授業目的・目標 【目標】1. 在宅看護の対象とその環境を理解するための広範なアセスメント能力を身に付ける。
2. 在宅看護の方法を理解し、在宅看護を臨地実習指導者と共同で実践する。
3. 在宅看護の技術と基礎的知識を修得する。
4. 在宅における対象とその家族の経験とその意味を理解し、在宅ケアの向上を図るための実践を行う。
5. 在宅ケアの介入にあたって、地域の資源の活用により、より効果的な在宅ケアを実践する能力を身につける。
6. 在宅における対象とその家族の経験とその意味を理解し、在宅ケアの向上を図るための実践を行う。
教科書 在宅看護学Ⅰで使用した参考書、資料
参考書 在宅看護学Ⅰで使用した参考書、資料
評価方法・基準 実習記録、カンファレンス、実習指導者評価などをもとに実習目標8項目の合計を100点満点と換算し評価する。
講義のために必要な事前・事後学習 事前学習:在宅看護学Ⅰで学習した医療保険と介護保険による訪問看護、及び課題資料を復習しておく。確認テストの問題の解き直しをする(誤っている箇所は全て正しい解答に修正する)。
事後学習:訪問看護事例の情報を整理する。訪問看護実習及び医療福祉連携実習における自己の学習目標に対する目標達成状況を記載する。
教育目標(必須要素)との関連 この科目は、教育目標の必須要素Ⅲ.根拠に基づいた看護実践能力、Ⅴ.多職種から成り立つ医療チームにおけるコミュニケーションとコラボレーション能力、Ⅸ.あらゆる対象に向けた包括的な看護実践能力と関連する。
試験や課題レポート等に関するフィードバック 実習記録は、全領域実習が終了した時点(3年後期又は4年前期)に学生個人に返却する。
備考 在宅看護学Ⅰにおける非常勤講師による支援の実際に関する講義、および演習「訪問看護疑似体験」「訪問看護における情報収集」について理解しておく。
看護師としての5年以上の臨床経験及び訪問看護経験3年以上の教員が臨地実習を指導する。
  1. 在宅看護学臨地実習