トピックス

平成25年度 亀田医療大学研究交流会開催

 亀田医療大学では、教員の行っている研究活動を紹介する研究交流会を開催しました。多くの学生も参加し、活動発表に聞き入っていました。

研究発表者及びスケジュール

13:00〜13:05 開会のあいさつ(学長)
研究発表 氏 名 演 題 座 長
13:05〜13:25 大石昌也 一緒にコラボしませんか?−生体ガスを中心に− 真野響子
13:25〜13:45 東晴美 自閉症スペクトラム障害と診断された小児の周産期の危険因子
13:45〜14:05 久保幸代 妊婦の喫煙継続と乳児の受動喫煙に関する研究
休憩
14:10〜14:30 新田静江 急性期病院に就業する医師および看護師における訪問看護との連携の現状 足立智孝
14:30〜14:50 佐藤真由美 婦人科がん治療後リンパ浮腫予防のセルフ・マネジメントを促す教育的介入プログラム開発
14:50〜15:10 小林美奈子 被災地の通所サービス利用者と介護職員の触れ合いを通したうつ予防プログラムの開発
休憩
15:15〜15:35 佐久間夕美子 基礎看護学グループの教員が取り組んでいる研究について 新居富士美
15:35〜15:55 工藤由美
宮本眞巳
参加観察とフィールドワークの方法論をめぐって
15:55〜16:15 柚山香世子
松丸直美
精神看護学での取り組み
16:15〜16:20 閉会のあいさつ(研究支援委員会委員長)