その他

救急隊によるBLS指導

 亀田医療大学では学生が街の中で発生した急病人に対し、bystandrとしてBLSを実施することができるよう、鴨川消防署の救急隊による指導が行われました。
 心肺蘇生法の基本であるBLSを理解して正しくその手技を習得し、bystandrとして活用できることを目指して演習を行っており、その様子を紹介しております。
 どの学生も真剣に話を聞き、実際に胸骨圧迫、デモ用AEDの操作、人工呼吸を人形に実施しました。演習の最後には学内にある本物のAEDを用いた説明が行われました。