その他

鴨川市図書館「おはなしひろば」ボランティアレポート

 2014年6月28日に実施された鴨川図書館の「おはなしひろば」に、本学の1年生橋本さんがボランティアとして参加しました。その時の内容をレポートします。
 鴨川図書館で実施される「おはなしひろば」は、幼児~小学生向けにボランティアが絵本の読み聞かせを行う会です。当日は、雨だったにもかかわらず、多くの参加者が集まっていました。橋本さんは、「コッケ モーモー」という絵本の読み聞かせを行いました。読み聞かせの他にも、紙芝居や遊戯も行われ、楽しそうにしている子供たちの様子がとても印象的でした。
 こちらの会に、ボランティアとして参加した橋本さんは、「子供が大好き!」という理由で、参加されたそうです。実際に参加してみて「その時々で、気分が変わる小さな子を相手にするのは大変でしたが、とても面白かったです。」との感想を話してくれました。
 大学の授業の中では味わえない、とても素敵な市民交流だったと思います。
 橋本さん、また鴨川市内の子供たちのために、楽しい絵本を読んであげてくださいね。