大学情報

JENESYS2015 招聘プログラムにてラオスの大学生が訪問

2016年1月28日、JENESYS2015 招聘プログラムにてラオスの大学生19名と1名の教員が本学を訪問し、本学の概要説明の他、看護教育体験や学生との交流を経験していただきました。

参加された皆様は、亀田省吾理事長兼学長から「亀田の歴史」について、新田教授から「本学の環境と防災」について説明を受け、大変熱心に聞いていらっしゃいました。

体験プログラムでは、本学の学生が指導する中で、「聴診器で身体を観察」や「一次救命処置(Basic Life Support: BLS)」を体験し、とても楽しんでいただけました。

国や文化は違っても学生同士がとても楽しく交流できたようです。

IMG_0236 IMG_0260 IMG_0271