ページの先頭です

寄付金のお願い

亀田医療大学及び亀田医療技術専門学校の看護教育研究の充実に向けて

学校法人鉄蕉館は、平成22年に医療法人鉄蕉会から昭和29年以来の伝統を持つ亀田医療技術専門学校を承継、平成24年4月に永年の念願であった亀田医療大学看護学部を開学、平成28年3月には初めての卒業生を送り出しました。今後も専門学校ともども看護師等人材の育成を通じ、地域に貢献していく所存でございます。

大学設置に際しましては、鴨川市をはじめ南房総地域の皆様、及び各般にわたる法人・個人の皆様のご支援を頂戴し、併せて、安房郡市及び夷隅郡市所在市町並びに千葉県から施設・設備整備補助を賜りました。

平成24年度末には学生会館が完成、学食(亀ママキッチン)がオープン、オープンキャンパスや大学祭なども年々活気付いてまいりました。

さて、少子高齢化の急激な進行により、超高齢化社会に直面している今日、社会のシステムは様々に変化し、中でも多様化、高度化する医療へのニーズに応えるには、人材育成の強化が喫緊の課題であります。学校法人鉄蕉館は、引き続き優秀な看護師・助産師を育成し、地域の多岐にわたる要請に応えてまいります。その一環といたしまして、千葉県立長狭高校医療福祉コース(平成26年4月開設)との高大連携も進めております。

また「亀田医療大学大学院看護学研究科」の平成31年4月の開設に向けての準備、亀田医療大学総合研究所(平成25年4月開設)における亀田メディカルセンターとの連携促進や臨床研究支援を積極的に行ってまいります。

しかしながら、私立看護系教育機関の経営は、授業料等の学生納付金及び経常費補助金などの経常的収入では賄い切れない状況にあり、看護学分野の教育学術研究の充実、発展のための様々な取り組みには、多額の資金が必要となります。

当法人といたしましても、引き続き、各種公的補助金の獲得、経費節減等自助努力に努めてまいりますが、個人、企業の皆様に、寄付金のご協力をお願いする次第でございます。

皆様におかれましては、現在の厳しい社会・経済情勢の下、誠に恐縮に存じますが、是非とも、引き続きご支援、ご協力をくださいますよう、衷心よりお願い申し上げます。

平成30年9月吉日
学校法人鉄蕉館
理事長 亀田 省吾

寄付金の募集

詳細を見る

平成31年 寄付者御芳名一覧

詳細を見る

平成30年 寄付者御芳名一覧

詳細を見る

平成29年 寄付者御芳名一覧

詳細を見る

平成28年 寄付者御芳名一覧

詳細を見る

平成27年 寄付者御芳名一覧

詳細を見る

平成26年 寄付者御芳名一覧

詳細を見る

平成25年 寄付者御芳名一覧

詳細を見る

平成24年 寄付者御芳名一覧

詳細を見る

平成23年 寄付者御芳名一覧

詳細を見る

平成22年 寄付者御芳名一覧

詳細を見る