ページの先頭です

大野 知代(オオノ トモヨ)

所属 学科 看護学科(小児看護学)
                
専攻 看護学専攻(実践看護学)           
職位 教授
学位・資格等 博士(人間科学), 修士(教育学) 、看護師、助産師
専門分野 小児看護学、ウィメンズヘルス助産学
担当授業科目とその概要 学部
(1)小児保健看護学概論
(2)小児保健看護学援助論
(3)基礎ゼミナールⅡ
(4)研究ゼミナールI&Ⅱ
(5)国際看護学
(6)国際理解と国際貢献
大学院
(1)実践看護学特論Ⅲ(小児)
(2)実践看護学特別研究
(3)看護教育論
(4)ケアシステム論
(5)実践看護学演習
(6)助産学展開論
主な研究とその概要 (1)女性のライフサイクル全般および周産期の健康に関する研究
(2)女性および母性・小児看護学領域からみた死生観に関する研究
(3)小児看護学からみた母子に関する研究
(4)F.ナイチンゲールに関する研究
主な所属学会 (1)日本母性衛生学会
(2)日本臨床死生学学会
(3)日本小児保健協会
主な著書・論文 著書
(1)いのちを考える授業プラン48,(第1章、第5章),小学館,2000
(2)看護のコツと落とし穴,(乳幼児虐待),中山書店,2000

論文
(1)「母と子」の健康教室の開催(乳幼児の成長・発達および母親の育児相談)東海大学医療
  技術短期大学紀要(28):21- 27, 1994
(2)団地における健康上の問題に関する有効な指導方法―乳幼児と家族の育児不安や健康上
  の問題,東海大学医療技術短期大学総合看護研究施設年報 (5):89-99,1995
(3)生命を支える看護師の資質向上に関する研究.大阪大学大学院博士論文:1-108,2009.
(4)Nightingale:Bemerkungen zur Krankenpflege-Warum Beobachtung der Patienten not
  wendig ist.-Aino Journal(9):3-9,2011.
(5)Bemerkungen zur krankenpflege von F.Nightingale- Renaisance und Integration
  derzwischen menschlichen Beziehung durch die Jahrhunderte-Aino Journal(11):
  7-18,2013.
(6)ドイツの看護師の死生観に関する研究.大和大学紀要(3):55-63,2017.
(7)特色あるドイツの妊産婦管理. 助産雑誌(72):54-57,2018.
(8)“Life and death ” education required in maternity nursing-Based on death-related
  education programs in Germany‐Aino Journal(16):41⁻46,2018.
ひと言 生命を守りゆく仕事は、なみたいていの心構えではできるものではないとは、ナイチンゲールの言葉です。共に目標に向かって確実に、誠実に、現実から逃げないで努力していきましょう。