ページの先頭です

志村 千鶴子(シムラ チヅコ)

所属 学科 看護学科(ウィメンズヘルス看護学)
                
専攻 看護学専攻(ウィメンズヘルス・助産学) 
職位 教授
学位・資格等 博士(医科学)・修士(看護学)・看護師・助産師
専門分野(領域) ウィメンズヘルス看護学、ウィメンズヘルス助産学
担当授業科目とその概要 看護学部
(1)基礎ゼミナールⅢ
(2)ウィメンズヘルス看護学概論
(3)周産期看護援助論
(4)研究ゼミナールⅠ・Ⅱ
(5)ウィメンズヘルス看護学臨地実習

大学院
(1)助産学概論
(2)助産診断・技術論Ⅰ・Ⅱ
(3)助産診断・技術演習
(4)助産管理論
(5)助産管理実習
(6)地域助産実習
(7)周産期ハイリスク実習
(8)ウィメンズヘルス特論演習
(9)ウィメンズヘルス・助産学特別研究
(10)助産学実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
(11)継続事例実習
主な研究とその概要 (1)出産評価尺度の開発
(2)助産教育方法・評価に関する研究
(3)助産ケアに関する研究
(4)育児支援に関する研究
主な所属学会 (1)日本助産学会
(2)日本看護科学学会
(3)日本母性衛生学会
(4)日本小児保健協会
(5)日本乳幼児精神保健学会
(6)日本女性心身医学会
主な著書・論文 著書
(1)中範囲理論入門 第2版(共著):234-237,2009.
(2)母性看護学①母性看護学概論/ウィメンズヘルスと看護(共著),メヂカルフレンド社:227-250,2019.

論文
(1)出産前後での妊産婦の首尾一貫感覚(Sense of Coherence; SOC)の変化と出産体験の満足感と
  の関連―出産施設別での比較―. 日本ウーマンズヘルス学会誌7(1):79-87,2008.
(2)Association between Satisfaction with the Childbirth Experience and Sense of Coherence in
  Pregnant and Parturient Women. 医学と生物学154(4):192-200,2010.
(3)妊産婦の出産体験の満足感に関連する要因の検討. 日本ウーマンズヘルス学会誌
  9(1):23-32,2010.
(4)助産教員が分娩介助実習指導者に求める能力.日本助産学会誌28(2):196-206,2014.
(5)妊婦における熟練助産師の腹部触診技能.母性衛生57(2):376-384,2016.
(6)看護基礎教育における産褥期の母子への看護実践能力の習得を目指した教育実践.
  創価大学看護学部紀要第2巻:33-43,2017.
(7)キャスターロック方法の違いによる新生児ベッドの地震時挙動と児に与える影響.
  母性衛生61(1):76-86,2020.
ひと言 看護職は「人の生命を護り育む」という大きな使命を持っています。人々が安心して生活することができ、自己実現に向かって自分の力を発揮できるよう、個人・地域・国の視点から皆さんと一緒にケア実践について考えていきたいと思います。